フリーランスイラストレーターの案件獲得方法

イラストレーターはフリーランスになると、案件獲得に励まなければなりません。

一般的な働き方は、自宅で対応可能な案件を獲得して、完成したイラストやCGなどをオンラインで納品する方法です。クライアントのオフィスに出入りするケースもありましたが、プロジェクトに参画する場合でもオンラインでコミュニケーションツールを使ってやり取りすることが多くなっています。
企業としては、フリーランスのイラストレーターにデスクを用意するとコストがかかってしまううえ、業務委託の費用に関するトラブルが起こりやすいためです。
リモートワークに慣れている人が増えてきた影響で、イラストレーターの起用の際は、オンラインミーティングが一般的になっています。

案件獲得の方法として、フリーランスのイラストレーターはエージェントとクラウドソーシングを利用している傾向があります。
もともとクライアントの候補を持っていた場合にはこの限りではありませんが、通常は新規を探さなければならないため、エージェントを活用しています。継続的なクライアントをエージェントを通して獲得して安定した収入の基盤を得るのを目指すのが基本です。
それに加え、クラウドソーシングを利用して隙間時間を有効活用し、収入を増やしたり、スキルアップを図ったりするイラストレーターも目立ちます。主婦が小遣い稼ぎの目的で独立する場合など、クラウドソーシングに専念して気軽に稼いでいるケースが見られます。