仕事探しで苦労しがちなイラストレーター

フリーランスのイラストレーターを夢見て独立したものの、思うように仕事がなくて悩んでいるという人はいるでしょう。

独立後の悩みあるあるとして、仕事探しがうまくいかない苦労が挙げられます。
企業に属している間は、企業側でイラストレーターの売り出しを行ってもらえます。しかし、独立して個人で活動するようになると、企業のブランド力の恩恵は受けられません。前職場とのつながりのあるクライアントであっても、独立後は相手にしてくれなくなるケースもあります。

フリーのイラストレーターが自分を売り出すには、ブログやSNSを活用しましょう。
自発的に情報発信を行うことで、大勢に自作イラストを見てもらうチャンスが生まれます。自分の作成したイラストを積極的に公開していけば、イラストを気に入った人から直接依頼がくる可能性があります。仕事探しでは知名度が武器になるので、コツコツと情報発信をする必要があります。

イラストレーターの募集案件に応募しても、高確率で不採用になる人は少なくありません。これは、クライアントとイラストレーターの間でミスマッチが生じているためです。
よくあるのは、クライアントが希望するイラストではないケースです。この点はクライアントから見た好き嫌いが影響するので、ある程度は仕方のないことでしょう。
一方でクライアント側からスカウトが来たときは、その時点でマッチングしています。
仕事探しを効率化させるためには、いかにスカウトを受けるかがポイントです。そのために、ブログやSNSで実績をアピールしていきましょう。