フリーランスイラストレーターの不安と対策

フリーランスのイラストレーターは、会社のように仕事が勝手に舞い込んでくるわけではないので、自身でクライアントを見つけなければなりません。そのため、安定した仕事量が確保できるのかということを不安に思うことが多いです。

その場合の対策として、自身から積極的に情報を発信していくことが挙げられます。
現代ではSNSサービスを始めとした情報発信の場は数多く存在しており、それらを利用するのは特に難しいことではありません。SNSを通してどのようなイラストが描けるのか、どんな依頼を受けているのかを積極的に広めていけば、クライアント獲得につながる可能性があります。

直接SNSを通じて仕事を受けるというパターンもあります。クライアントは、配信者やロゴを必要としている企業など、個人と組織を問わずに幅広いです。
もし知名度があまり高くないのであれば、最初の内は様々な依頼を受けておいた方が賢明です。作成したイラストがクライアントと共に広まれば、それがイラストレーターとしてのステータスになり、新しい仕事にもつながるでしょう。

会社に所属している時は、税金の手続きをはじめとする様々な雑務は、会社に任せておけることがほとんどです。しかし、フリーランスの場合、そういった手続きを全て自分で行わなければなりません。そのため、イラスト作成に集中できるのか不安という人もいるでしょう。
そんな時は、金銭面に余裕があれば、専門家に依頼して任せてしまうというのもひとつの方法です。実際にフリーランスを対象として税務や経理、宣伝などを請け負っているところは数多く存在しています。