イラストレーターが独立するメリット

独立してフリーランスのイラストレーターになると、毎日決まった時間に出社して作業をする必要がなくなります。そのため仕事の自由度が各段に上がります。基本的にはクライアントが求める納期に合わせて仕上げることさえ守ることができれば、どのようなスタイルで作品を制作しても問題ありません。自宅や喫茶店など、自身がイラストを作成するのに最も適した場所を選べます。

また独立したイラストレーターであれば、自身で仕事を選ぶことができます。会社のように毎月のノルマが課せられたり、半強制的な指示を受けるといったことがありません。自身が不得意であったり描きたくないと思ったりした依頼は、断ることが可能です。そして自身の得意な分野のみにこだわったり、理想とするイラストレーター像を追求したりすることも不可能ではありません。そうしてイラストレーターとして、独自の地位を獲得した人は大勢います。さらに仕事の量を減らすことも難しくはありません。したがってプライベートで忙しい場合に、仕事の方で帳尻を合わせやすいというメリットもあります。

もし会社に所属しているイラストレーターだと、実際にクライアントから支払われる分から、仲介手数料や宣伝費などの費用が引かれた額が手元に入ります。しかし独立していれば、税金以外は全て自身の収入となります。その収入面の強みと他に代わりがいない作風の確立によって、高収入を狙えるのも独立イラストレーターの魅力です。

ここではフリーランスのイラストレーターの魅力に迫りましたが、実際になるための注意点や仕事探しのコツなどを知りたい人は、『フリーランスで稼ぐ!イラストレーターの心得』をチェックしてみてください。